ブログトップ

由朋の古民家暮らしと音旅日記

yuuhoutour.exblog.jp

リトリート古民家わくわくDo

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

-

c0126205_21112939.jpg

娘の書いたアンパンマン。
なんだかいきてるみたいな、味のある絵をかくんです。
[PR]
by stay919 | 2013-02-26 21:11 | 日々の日記

-

ふと気づけば2013年。自分も人間年齢33歳になりました。ここ八坂での暮らしも5年目。来たときは四ヶ月だった娘もいまでは四歳のお姉ちゃんになりました。
昨年新しい仲間早人君がうまれ、それからきづくともう四ヶ月たってたり。
ふとそとみると雪が降ってて、でも寒さがやわらいでたり。日々、一瞬一瞬自分がしってること、知らないこといろんなことがおきてる。そんななか最近、自分の内側がとてもしずかだ。
なんか真ん中な感覚というか?もともとやりたくない事はしない、もっとかっこよくいうと自分にうそをつかない、ときめたとき娘が宿り、きめたもんだからつらぬいてきた。移住した2008年12月、冬の信州はきびしかった。金なし、食べる物なし、知り合いもそんなになし。そんな体験のなかで沢山の苦しみ、憎しみ、悲しみ、喜びをたいかんした。いろんな体感真っ只中のときは、あーでもないこーでもないともがきくりしんでたけど、今になっておもうといい体験したなぁとすなおにおもう。
結構、山暮らしの知恵ついてるし、なんとかなることをしった。
やっぱり今は自分がつくってるんよね。楽しい今も苦しい今も。冒頭にもかいたけど最近自分の内側がしずかだ。なんだかこの静けさを分かち合いたい。
静けさはいつも内にある。
あなたはあなたの感覚を大切に。だれときそうこともなく、争うこともなく、ただただ自分の感覚をしっかり味わう。
最近そんなかんじ

お話かい・調律会よんでいただければどこでもいきます。この真ん中な感覚をぜひいっしょにいかがでしょう?
[PR]
by stay919 | 2013-02-16 17:23 | 日々の日記

-

c0126205_12145073.jpg

c0126205_12145088.jpg

昨日はわくわく堂にて縄文ボディーワーク体験会をこじんまりひらきました。
お弟子さんのお二人に2人づつ施術をし、シェアしあいました。
自分の事故がきっかけで、この道にはいり、いろんな体験のなかでそれまでの価値観の、生き方をかえてもらった縄文ボディーワークというツール。
そのツールを分かち合える幸せを感じたとともに、山々に咲く木々のように、
ときには空を泳ぐくものように内なる無限の可能性をみうしなわないように
一歩一歩あゆんでいこうとおもった素敵な一日でした。うけてくださったかたも大変よろこんで、まためからうろこだったみたいで良かった良かった。
[PR]
by stay919 | 2013-02-13 12:14 | 日々の日記

-

c0126205_1823257.jpg

c0126205_1823222.jpg

c0126205_1823256.jpg

開けましておめでとう!
今日は一ノ瀬の家族で新年会をしました。
みをなで歌って笑って、楽しかった!
三月二日に一ノ瀬の山の古道を林業家の香山さんナビゲーターで歩く会をします。参加希望のかたはご連絡ください。

今年もより充実した一年をしごせますように、どうぞ宜しくお願い致します。

今日のメッセージは
心をときはなて!
みんな最高!ありがとう!
[PR]
by stay919 | 2013-02-10 18:02 | 日々の日記

-

c0126205_8175845.jpg

c0126205_8175861.jpg

c0126205_8175888.jpg

おはようございます。
今日は大みそか。いよいよはじまりますよー
ということで、最近、ここわくわく堂ではいろんなことを体感しています。

すべての物には意識があるとしたら?なお話。

ワクワク堂のさんぽうは木々にかこまれてます。
昨年、早人君が誕生した土の部屋から見える木々のなかの一本が、ある日突然たおれていました。
二年まえにうちにきたシーマさんに、【ヨシ君この木腐ってるから切ったら。倒れたら家こわれるよ】といわれてた木。
腐って倒れただけ、家に当たらなくてラッキーで、すむはなしなんだけど、【もし全ての物は意識をもっている】を前提に、倒れた木に触れ、この状況を写している自分の心をクリーニングして感じた感覚をシェアせてください。
その気はそこに立って数十年。この家の色々な出来事をみてきたそうです。
楽しいこと、悲しいことも沢山。
昔、この家では死産がおおかったそうだ。そんななか昨年、早人君の出産に立ち会えて嬉しかった、ここでうんでくれてありがとう。
といっているような穏やかな気持ちになった。

倒れたその木に気づく3日前から、鹿のような鳴き声が家のすぐ側でしていました。【こんな近くまでしかがくるなんて珍しいな】と思ってたやさきの出来事でした。
今になっておもうと、木とお別れにきてたのか、はたまた倒れたことをしらせていたのかなとおもいます。
雪が積もって真っ白な家の前の我が家の畑にだけ沢山の鹿の足跡がのこっていました。まるで宴でもひらいたかのような。

倒れた木がどうして家にぶつからなかったか?
その木の手前の若木が支えていてくれました。
そのすがたはまるで【つぎは自分がここで色々体感するばんだ。まかせてください。】とでもいってるかのように、僕の心にたくまし
くうつりました。

もし孤独を感じ、さみしくなったり、かなしくなったり、嬉しくなったときはおもいだしてみてください。
【全ての物には意識があることを。】
あなたの周りにあるそれらは、いつもあなたのがんばってる姿、悩んでる姿、悲しんでる姿、喜んでる姿を優しく見守ってくれてることを。そして思い出すように。おなじ【いま】をいきる命ということを。

最後までよんでくれてありがとう。
[PR]
by stay919 | 2013-02-09 08:17 | 日々の日記